入手ほやほやのコーリン鉛筆"虹の七色芯(非売品)"、0.5mmMP用の替芯。いつもお世話になっている分度器さんにお分け頂きました。ありがとうございます。Nさんの情報によると、昭和51年頃のJIBシャープ販促商品のようです。

ネーミングである「虹の七色」の訳はこちら。じゃーん!コーリン鉛筆 虹の七色芯

コーリン鉛筆 虹の七色芯品番:不明 硬度:不明 値段:非売品
昭和51年ごろのJIBシャーペン販促キャンペーン商品らしい
芯直径:0.5mm 7色・14本入

右から、紫・青・赤・水色・オレンジ・緑・黄色と、7色あるんですよ。てっきりゴールド芯のように黒芯に色をコーティングしてあるだけと思いきや、さにあらず。なんと、色芯なんですよ、これ。「販売したら売れるのに」と仰る方がいらっしゃったんですが、全くその通り。今もあったら絶対買うのに~~>< と思いつつ、まずは試し描き。もちろんMPはJIBシャープ使用。

▼JIBシャープ
写真はシングルノック、500円のもの。オマケで入ってるゴールド芯の本数が多いです。太っ腹だな~、コーリン君。
コーリン鉛筆 JIBシャープ
▼紫

コーリン鉛筆 虹の七色芯 
▼青
コーリン鉛筆 虹の七色芯
▼赤
コーリン鉛筆 虹の七色芯

▼水色
コーリン鉛筆 虹の七色芯
▼オレンジ
コーリン鉛筆 虹の七色芯7

▼緑
コーリン鉛筆 虹の七色芯

▼黄色
コーリン鉛筆 虹の七色芯

見た目の芯の色よりも、やや薄めに色が出ます。紫は色が出づらいです^^;
でね、試し描きをしていて分かりました。これが一般販売されずにオマケとしてだけ存在していた理由が。

折れるんです!

それはもうポキポキ、ポキポキと。決して筆圧は高いほうではないし、貴重なものだから折ってはいけないと慎重にかいたつもりなのですが、それでも何度も折ってしまいましたorz
よくよく考えてみると、焼きを入れる黒芯と違って、色芯は乾かすだけのもの。このため色芯は黒芯と比べ強度が弱く、芯が太めであったり、軸も六角軸ではなく丸軸のものが多いと聞きます。3mm、太いものでは4mmもある色鉛筆の芯(もちろんもっとバリエーションはありますが)でもそうなんですから、ましてや0.5mmしかない、可憐な細さのMP用替芯では、その強度たるや……お察しください(笑)。
これ、オマケだからよいようなものの、もし一般販売してたらクレームの嵐だったに違いありません(苦笑)。電話を受ける人にだけはなりたくないなぁと、要らぬ心配をしてしまいました。色芯をケースに入れるお仕事も大変だったろうなぁ、折れないように気を使って。と、またここで要らぬ心配をする私w

そんな繊細な「虹の七色芯」、非売品であったがゆえに、そしてその折れやすさゆえに、幻の一品かと思われます。

▼オマケ
JIBシャープのオマケ芯には、「ホワイト芯」なるものも存在していた模様。現物は確認できておりません。どなたかお持ちの方は、是非写真をKero556にお送りくださいませんか。地団太踏んで羨ましがりますので(笑)。研究のために是非よろしくお願いしますm(_゛_)m
コーリン鉛筆 JIBシャープ

追記:コーリン鉛筆のMP替え芯については、にきちさんのサイトに詳しく・多種類、紹介されています。
にきちさんの収集っぷり&知識には、いつも感心&尊敬です。
(にきちさん、お元気かな~?)
http://karikachi.kitunebi.com/bungu/colleen/shin.htm

 

8 Responses to 虹の七色芯(非売品)・JIBシャープおまけ/コーリン鉛筆(COLLEEN)

  1. NOMADE より:

    私は残念ながら「虹の七色芯」が入っていませんでした!強運のkero556さん、羨ましい!
    (欲しいというのが本音だったりして)
    先ほど、三菱のユニカラー芯(0.5mm/0.7mm)のミックスセットを試しに注文してみました。
    「虹の七色芯」と同じ色数ではなく、6色で黒鉛芯と同じ様に焼き固めて作られるため、折れる心配はなさそう。なお、ユニカラー芯は消しゴムで消せるそうです。
    kero556さんも持っていらっしゃるコーリンのJIBシャープペンシルなど、実はまだ持っていません(泣)

  2. Kero556 より:

    >NOMADEさん
    こんばんは、いらっしゃいませ~。
    某所ではいつもお世話になっていますm(_゛_)m
    虹の七色芯、残念でしたね…スミマセン……。
    三菱のユニカラー芯は、勉強不足で存じ上げていませんでした。
    七色芯から30年、技術は進歩するものですね~。
    折れにくい、消せるとくると完璧じゃないですか。
    コーリンも同じものを出せるまで頑張って欲しかった><
    JIBシャーペン、もし良かったらお分けしますよー。
    何本かありますので。シングルノックばかりですが。
    好みの色めや、艶消し/有りなど、ご希望があれば
    メールください。(プロフに書いてあるメアドの、
    ★を@に変えてくださいデス)
    いつもお世話になっているお礼です♪

  3. NOMADE より:

    早速のコメント、ありがとう!
    コーリンが詐欺集団に乗っ取られなかったら、
    三菱ユニカラー芯以上の技術で
    最高の製品が出来たかもしれませんね!
    JIBシャーペンをお分けしてして下さるとのこと、
    大変有り難いです。

  4. たけくろ より:

    「虹の七色芯」僕も一応知ってはいましたが、色の感じなど詳しくは知りませんでした。
    確かに、発売したら売れますね。というか、買いますね。
    ゴールド芯なんかも、今出せば買う人はたくさんいるんではないかと思いますが・・・
    コーリンが詐欺集団に乗っ取られなかったら・・・本当に思います。でも、倒産していなかったらここまで興味を持つことも無かったでしょうね。
    そう思うと、複雑ですw
    カラー芯の技術も今は進歩していますが、コーリンが挑戦的にやっていったが故に今の発展があるのかもしれないな、
    と、地球鉛筆のシルバー芯を見ながら思いました。

  5. Kero556 より:

    >たけくろさん
    こんばんはー!
    さすがはたけくろさん、ご存知だったんですね。
    地球鉛筆のシルバー芯って何だ?と思って検索したら、
    見慣れたサイトに行き着きました。
    にきちさん(最近いらっしゃらないけどお元気かなぁ?)
    のサイトで地球鉛筆のシルバー芯が紹介されてました。
    そこには虹の七色芯も掲載されてました。
    …シャープペンシル関係にはさほど熱心じゃなかったの
    で見逃してたようです。お恥ずかしい限り。
    なんかもうここを見れば、私が今さら紹介するまでも
    ないほどの充実っぷりです。
    ▼にきちさんのコーリン・シャープペンシル芯紹介ページ
    http://karikachi.kitunebi.com/bungu/colleen/shin.htm
    >倒産していなかったらここまで興味を持つことも無かったでしょうね
    そう!そうなんですよね!まったくもって同意見デス。
    存続はしてて欲しかったけど、無くなってしまったからこそ
    ここまでコーリン君(♀)に執着してるわけで。
    ものすごいジレンマを感じます。
    ジレンマ感じたところで復活するわけじゃないから、
    あんま意味ないんですけども(苦笑)。
    ただタイ・コーリンが存続していることが、
    私の唯一の希望の光です。なくならないでね…。
    明日は、三菱ユニカラーを求めて、街に繰り出してきます。

  6. Kero556 より:

    >NOMADEさん、たけくろさん、
    ユニカラー芯買ってきました。
    いいですね、これ。
    コーリン負けてるぞ(笑)
    詳しくはこちらでも。
    http://blog.livedoor.jp/kero556/archives/50203952.html

  7. NOMADE より:

    ユニカラー芯を買ったのですね!
    私も同じく、0.5mmと0.7mmの
    両方MIXセットを買いました。
    確かに、コーリン負けてますが、
    色の数なら、コーリン勝ちですよ。

  8. bung!bung!bung! より:

    WHITE芯: COLLEEN

    コーリンのホワイト芯12本入り。非売品でした。0.5のHB白い色をしてますが、虹の七色のような色芯ではなくゴールド芯と同じでコーティングだけで色は普通の芯と同じらしい、、まだ試してないので…

たけくろ にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

WP-SpamFree by Pole Position Marketing