さて、前回の実験から3ヶ月。ついに第二弾実験の時がきました!

 

 

真面目な説明は前回のポストを参考にしていただくとしまして…。
今回は、ゆかいな仲間たちとワイワイと実験。
しかしそこはぬかりなく。コッピー鉛筆よりもさらに強力なヘクトペンシルも投下です。

下写真の一番上がヘクトペンシル。今回使用したのは三菱鉛筆製のもの。
金色のキャップが「他とは違うぜ」とでも言ってるよう。

以下、写真撮影は「カレーにラッシーさん」です。ありがとうございます。
場所は「古書カフェ・くしゃまんべ」さん。北区王子にあるいい感じのお店です。
そう言えば最初はコッピー鉛筆実験じゃなくて、鉛筆香道をする予定だったんです。
そちらも行ったのですが…うけがよかったのはこちらの実験だったのです(´・ω・`)
ヘクトペンシルとコッピー鉛筆

ヘクトペンシルとコッピー鉛筆

集まった皆さんにざっくりとコッピー鉛筆での印刷方法や前回の結果をお知らせして、
(写真の手は私のじゃないですーw)
さらに今回は、お一人ずつの寒天も用意し(写真中央の4つほど見えている小さい容器)…
あとはみなさんにお任せ!前回のコッピー鉛筆印刷の説明

前回のコッピー鉛筆印刷の説明

 

 

コッピー&ヘクトペンシルで実験

コッピー&ヘクトペンシルで実験

コッピー&ヘクトペンシルで実験

コッピー&ヘクトペンシルで実験

コッピー&ヘクトペンシルで実験

コッピー&ヘクトペンシルで実験

コッピー&ヘクトペンシルで実験

コッピー&ヘクトペンシルで実験

コッピー&ヘクトペンシルで実験

コッピー&ヘクトペンシルで実験

 

他にもあれこれ作品は出来上がったのですが、写真はここまで。
理由は特に無く。アップロードが億劫になったという理由で。スイマセン。

やはり、コッピーよりはヘクトの方が染料多い分、まだマシにうつりますね。
本来は寒天ではなく、「こんにゃく印刷」と言われてたくらいですから蒟蒻を使った方がいいのかもしれません。
また、鉛筆自体が古いので鮮明にはうつらないのかもしれません。紙も専用のものがあったのかもしれないし…。
突き詰めていくといろんな課題がありはしますが、
正解を初めから知るのではなく(それだとつまらない)、こうやって試行錯誤しながらより良い印刷方法を見つけ、
みんなでコッピー鉛筆のことについて知ってもらう企画を立てれればなぁと思っている次第。

 

ではまた3ヶ月後くらいに!(えー?笑

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

WP-SpamFree by Pole Position Marketing