私の中で、なぜか"コーリン鉛筆と言えば、乗り物系の図柄"というイメージがあります。生まれて初めて出会ったコーリン鉛筆が、F1カー(だったかな?それともスーパーカーと呼ばれるものだったか…)の缶色鉛筆だったからでしょうか。
これもやっぱり乗り物。しかも夢ある乗り物、リニアモーターカー。
コーリン鉛筆 リニアモーターカー

コーリン鉛筆 リニアモーターカー

コーリン鉛筆 リニアモーターカー

品番:3774 硬度:HB 値段:不明
発売時期:不明 木軸直径:–mm 芯直径:–mm

これ、いつ頃の商品なんでしょうかね。リニアモーターカーの実験が行われたのが1972年。当時はたったの時速60km(有人)。このパッケージに書かれているover500km/hは、出すことはもちろんですが、多分考えることもできなかったんじゃないでしょうか。でも驚くのはその後の技術の進化。なんとわずか7年後の1979年には517km/hを記録しています(非有人)。ということで、1979年前後が怪しいんじゃないかなーと考えたり。単純ですけど(笑)。

そうそう、このパッケージを描かれた方は(サイン有り↓)、同じようなタッチで、コーリン鉛筆の色鉛筆パッケージに、スーパーカーらしきイラストを描いたりもしておられました。そういえばスーパーカーブームも1970年代でしたよね。また今度、ご紹介します。
コーリン鉛筆 リニアモーターカー

 

2 Responses to リニアモーターカー かきかた鉛筆 No.3374/コーリン鉛筆(COLLEEN)

  1. シュリンプ より:

    KERO556さん、こんにちわ。
    ブログにコメントありがとうございます。
    これからは、コメント頂いた場合はこちらに返信しようと思います。
    ところで「コーリン鉛筆NO575」入手しました!写真はブログにアップしておきますね!

  2. Kero556 より:

    >シュリンプさん、
    こんばんわ~。コメント遅くなってすいません(汗々
    No.575拝見しました。
    パッケージの太いラインがいいですねぇ。「眼」みたくなってる。
    鉛筆本体のロゴ書体がちょっと古い時代を感じさせますよね。
    それにしても価格変動が激しすぎです(笑)<お店
    皆さん、シュリンプさんのBlogにて、その変動っぷりをチェック!
    すごいですよーw

Kero556 にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

WP-SpamFree by Pole Position Marketing